fermata.exblog.jp

2004年  <toshixpress 2004>

2006年~ <toshixpress>

main site <main site>

Google Earthの旅 <http://xxxearthxxx.seesaa.net/>
移転のお知らせ
このままexciteを使っていくと、今年中に容量不足になってしまうことがわかりました。画像をこれ以上圧縮することも難しいので、2006年の記事より移転することにしました。exciteは使い慣れてて、アップロードもしやすかったんですけど。

今度は1GBなので(exciteは30MB)、しばらくはもつと思います。というわけで、URLは以下の通りです。

http://toshixpress.blog44.fc2.com/

今後ともよろしくお願いします。
[PR]
# by toshipresso | 2006-01-13 11:25 | おしらせ・御挨拶
更新情報 20060108
ぐぅたらウェブサイトを更新しました。

世界の夕陽&朝日」の2005年版を更新。「世界の」と言っても、場所にはかなり偏りがありますけど……。京都と東京がほとんどです。

そのほか2003年版のJaipurのところに、たそがれる動物たちの写真を3枚追加しました。
c0031319_0333646.gif

[PR]
# by toshipresso | 2006-01-08 23:27 | おしらせ・御挨拶
ふかひれ寿し+エンタシス 20060103
仙台に来たからには安く手に入るおいしいものを食べて帰りたい。そこで思い出したのが、先日Casa BRUTUSで見たフカヒレ料理だった。しかししかし、気仙沼まで車を走らせる余裕はない……、というわけで仙台駅3階にある「気仙沼 あさひ鮨」に行った。さっそく海鮮丼とフカヒレの握りを注文。
c0031319_214337.jpg
左から「ふかひれ寿し姿」630円、「ふかひれ寿し」550円。ふかひれの食感がたまらん。でも、寿司のネタとしてはやっぱり大トロなどなど他の方が上かも。いくつも食べ続けたいとは思わない。ただ珍味として、あるいは話のネタとしては絶品だと思った。ぶどうえび、あんこう、マンボウ、などなど今後の宿題も増えた。こういう料理を普通に食べれるのが仙台のいい所だと思う。

そして今日も友人N氏と話し込む。行った先は今晩もジャズ喫茶、カーボ。友人と吉阪隆正の本を開いて話していたら、隣のおじさんに絡まれる。別に吉阪隆正の話ではない。冬だというのに庭にバラが咲いたらしい。なるほど、たしかに珍しい。でもバラのことを聞くとちっとも教えてくれない。色すら教えてくれない。話の脈絡がさっぱりわからない。悪態をついたりするわけでもないけれど、けっこう酔っぱらっているようだった。このおじさん、いつもどこかで飲んだあと酔っぱらって来て、よくわからないことを言って去っていくらしい。今日もいつもと同じように去っていったようだ。

ソファに座っていたお客さん達が演奏し始めた。生演奏を聴きながら、どういう経緯だったか忘れてしまったけれど、はたして建築文化というものはどれほど伝播するものかというお題で盛り上がった。特に徳利柱だか胴張だかっていう法隆寺の柱の膨らみとギリシャの神殿のエンタシスの話。同じだなんて嘘だろと思うけど、小学校などでは今も関連付けて教えているのだろうか。演奏が終わった頃、持っていたグラスもエンタシスを描いていることに気づいて、もう出ようかということになった。
[PR]
# by toshipresso | 2006-01-03 22:59 | 仙台
姉歯の松 20060102
先日は姉歯横丁に行ったけど、今日は一関から仙台へ戻る途中に、宮城県北部にあるという「姉歯の松」を探してみた。姉歯の松とはこの地の歌枕として伊勢物語や奥の細道など古来文学に登場してきた松のようだ。
c0031319_22101722.jpg
そしてあった。バス路線があるじゃないか。松尾芭蕉は徒歩でしたか?馬でしたか?
c0031319_22103546.jpg
あった。石碑。立派じゃないか。
c0031319_22104390.jpg
松が何本か立っています。あまり古い松はなさそうじゃないか。
c0031319_2210497.jpg
解説によると、「朝日」というこの地の豪農の娘が用明天皇に差し出されることになった。ところがその朝日は都へ向かう途中で時化にあい、ようやくこの地までたどり着くも重病でなくなってしまったらしい。帝は憐れに思い、その妹である「夕日」という娘が賢く、また美しいといわれていたので、この夕日を呼ぶことにした。夕日が都へ向かう途中、姉の墓に立ち寄るが、その悲運を思うと離れられず、一本の松を手植えして去ったそうだ。その後、松は枯れてもまた生え続けているようである。立派じゃないか。
c0031319_22105514.jpg
姉歯の松をあとにする。折りしも夕陽が沈んでいった。
[PR]
# by toshipresso | 2006-01-02 22:10 | たび・イベント
アケオメコトヨロ初詣 20060101
仙台を出て母方の祖父母の住む一関という所に来た。しばらく祖父母の家でゆっくりしたあと、母親と弟といとこと平泉へ。
c0031319_20582530.jpg
やっぱり寒い。つららがこんなにいっぱい。
c0031319_2265729.jpg
ここは毛越寺。「もうつうじ」です。ケコシデラとかじゃありません。庭を観るには完全に時期を間違えていました。はい、雪で何がなんだかわかりません。夏はこんな感じ。今度来るときは「曲水(ごくすい)の宴」を見てみたい。
c0031319_227436.jpg
次は中尊寺へ。ところが道路は大渋滞。たった3キロ進むのに30分以上かかってしまった。写真は雪化粧の平泉。
c0031319_2273172.jpg
あの中に金色堂がおさまっています。
c0031319_2283411.jpg
帰りに本堂の脇でおみくじを引いたら大吉だった。ところがそのわりにはろくなことが書かれていなかった。

今年もよろしくお願いします。
[PR]
# by toshipresso | 2006-01-01 22:07 | その他 都市・建築
大晦日 20051231
大晦日。メディアテークのカウントダウンにも行きたかったけど、なんだか出るのもおっくうで結局家族と家で過ごす。
c0031319_2202932.jpg
夕食時、頂き物のドン・ペリニョンを開けた。比較のために家に眠っていたスパークリングワインも開ける。父、少量でつぶれ、ソファへ直行。母は酒自体あまり飲まず。弟はビール専門らしくシャンパンに対しては口が重い。……もったいない。というわけで父と弟に半ば強要しつつ、結局一人で半分くらい飲んだ。もっとお酒の好きな人と飲むべきだったか。

口の中のそれぞれの箇所で異なる味覚が感じられる、細やかな味が重奏的に重なったシャンパンだと思った。やっぱり、いいって言われるものはいいと思った。
[PR]
# by toshipresso | 2005-12-31 23:00 | 仙台
仙台の横丁 20051230
光のページェントを見たあとは友人N氏オススメ成龍萬寿山にて食事。表には大きく「上海ラーメン」と書いてあるのでラーメン屋さんかと思うけれど、それだけじゃない。メニューも豊富な本格的な中華料理屋さんだった。店員さんはみな中国の人で味付けも本場中国のもの。旅先での出来事を思い出してしまうエキゾチックな味がした。
c0031319_2159246.jpg
ミニ東京化していると揶揄されることもしばしばな仙台の街。そんな仙台を歩いていて面白いのが、表通りから裏へ延びる横丁。こじんまりとして落ち着けそうな店が多く、独特の雰囲気をかもし出している。広くて歩きやすい表通りとはまた違った心地よさがある。
c0031319_21593522.jpg
久しぶりに会う級友との話はなかなか終わらないので、countというジャズ喫茶に場所を移した。マスターがかなりいい感じ。まさにロマンスグレーの紳士。
c0031319_21594333.jpg
帰りは車で来たN氏に送ってもらった。だんだん吹雪いてきたけど、危なげなく帰宅。
[PR]
# by toshipresso | 2005-12-30 23:59 | 仙台
光のページェント 20051230
光のページェント、今年は電球の数が100万個と過去最高らしいので、さっそく行ってきました。
c0031319_1631437.jpg
これは駅の屋上から見た青葉通。
c0031319_1646307.jpg
17時半に点灯。ペデストリアンデッキの人だかりから歓声が聞こえてきました。
c0031319_16534717.jpg
こちらは定禅寺通。ゆっくり散歩している人が多いのはこっちです。
c0031319_16535930.jpg
これは勾当台公園にあるシンボルツリー。4本のヒマラヤシーダーをひとまとめにして電飾してるからとにかくでかい。なんだか怪物のような武骨さを感じるけど、実物は電球が点滅していてきれいでした。
c0031319_1654966.jpg
夕方から雪が降ってきましたが、それでもたくさんの人出。
c0031319_1654331.jpg
c0031319_16544274.jpg
この2枚はStar Light Winkと呼ばれる演出の様子。18時と19時と20時に1分間一斉消灯&一斉点灯される。わかっていても、おぉっ!と言ってしまう。
c0031319_16545223.jpg
こちらはメディアテーク前。例年より電球が多いというのは西公園のところまでずっと灯りがともっているということでしょうか。明日は年越しカウントダウンが行われます。
[PR]
# by toshipresso | 2005-12-30 23:56 | 仙台
姉歯横丁 20051230
仙台に姉歯横丁というところがあるというので行ってみた。地下鉄を愛宕橋で降りたらすぐのところに姉歯横丁はあった。
c0031319_17361358.jpg
姉歯横丁の道標。立派じゃないか。ちなみに姉歯横町は後ろに写っている道ではありません。
c0031319_17362317.jpg
これが姉歯横丁。とりわけて変わった様子もない静かな通りだ。
c0031319_17362961.jpg
突き当たりは荒町商店街。姉歯マンションという建物もあった。この「姉歯マンション」という物件、テレビでも流されていたらしいけれど、昨今の耐震強度偽装問題とはもちろん関係ないらしいし、あえてここには写真を載せないでおこう。

なお、姉歯という固有名詞は、地名としては伊勢物語や奥の細道などの文学に「姉歯の松」という名で出てくるらしく、これは宮城県北部にあるらしい。人名としては仙台藩士に「姉歯武之進」という人がいたという。

そのあとは駅前の書店へ。昨日パークタウンの書店で売り切れていた「仙台学」という本があったので購入する。さらに今月10日にオープンしたアップルストア仙台一番町に巡礼。小規模ながらも、MacFanにとっては、あるのとないのとじゃ全然違うだろう。iTunes Music Cardを買いながら店員さんとおしゃべりしていたら、1曲ダウンロードできるカードをおまけでいただいた。ラッキー。1月29日にはFreeTEMPOがミニライブをするらしいけれど、さすがに来れない。
[PR]
# by toshipresso | 2005-12-30 22:58 | 仙台
仙台にて 20051229
仙台に帰ってきました。久しぶりの仙台の冬。やっぱり東京と比べると寒い。雪が解けずに残ってるもんね。

噂に聞いていた『仙台学』という本を買いに、近所の本屋さんに行ってみたけれど、売切れてしまったそうだ。その他、地元出版社の仙台の関連書籍を読み漁る。東北と北海道がソ連に占領される可能性があったと知り愕然とした。もしそうなっていたら、今の国土は分断されていただろうし、仙台も今とはかけ離れた街になっていただろう。父と母も出会わなかっただろうし、もちろん僕も存在しない。伊達政宗像の代わりにレーニンだかスターリンだかの銅像が街を見おろしていたかもしれない。せめて岡田真澄にしてくれ。晩のNHKの番組ではソ連は北海道までを要求していたとされていたけれど、いずれにせよ心底恐ろしいと思った。
c0031319_1526511.jpg
これは家の近くにあるホテル。パークタウンは電飾率高し。
[PR]
# by toshipresso | 2005-12-29 22:24 | 仙台
柏木村大忘年会 20051227
吉田荘、ドマスタを含む柏木村の大忘年会が行われました。柏木村にいる人もいた人も初めて来る人も参加。中庭の柿の木の下でお祭りです。
c0031319_12574827.jpg
カムジャタンを作っています。
c0031319_12575713.jpg
集まった食料の数々。久保田千寿ならぬ北千住。
c0031319_1258725.jpg
こちらはみんなが買ってきたプレゼント。
c0031319_12581445.jpg
いぇーい!ヘリウムガスが当たりましたー!!効果はありましたか?
c0031319_12582479.jpg
なかなかの大人数。一本の柿の木の下にみんなが集う。こういう中庭って貴重。
c0031319_12583143.jpg
寒空の下、歌って踊って。都会の隅でどんじゃらほい。

今年いっぱいで吉田荘からは離れてしまうけれど、また遊びに来たい素敵なところ。大変お世話になりました。
[PR]
# by toshipresso | 2005-12-27 23:56 | 東京
ミレナリオ 20051226
帰り道、ミレナリオに寄った。なにやら今年で最後らしい。何年か前に来たときは休日でものすごい人だったけれど、今日はましだった。
c0031319_12531036.jpg
イベントとしてはコピーだけど、イタリアから職人さんを呼んでやってるわけだし、きれいなものはきれいだ。
c0031319_12532090.jpg
薄っぺらだなぁと思っていたけど、考えてみると薄っぺらい分だけ安定させるのはなかなか大変なんじゃないだろうかと思う。
c0031319_12533462.jpg
これだけたくさんのカラフルな電球があれば、ぶれた写真でも織物みたいに見えてなかなか面白い。
[PR]
# by toshipresso | 2005-12-26 23:54 | 東京
今日の出来事 20051224
昨日買ったパソリで早速Felicaを読んでみた。EdyやSuicaの残高や使用履歴が簡単にわかる。たいした残高がないことがいとも簡単にわかってしまった。
c0031319_22401654.jpg
ふと期限の切れたEdyつきのクレジットカードを破棄せずに引き出しに入れてあったことを思い出し、Edyの残高がないことを確認して、破棄するついでに分解してみた。分解、そう少年時代から幾度となく繰り返してきた行為。ワタシはクリエイターではない、デストロイヤーだ、などと思いながら、2枚重ねの構造になっているカードの側面にカッターの刃をあて、2枚におろした。
c0031319_22412711.jpg
中には電磁誘導のコイルと、ICチップ、それからわけのわからないものが挟まっていた。詳しい原理はFelicaのページを見れば書いてある。
[PR]
# by toshipresso | 2005-12-24 22:42 | 東京
再び街へ+再びシャンパン 20051223
皇居の周りを走ったあと、いったん家に帰って今度は新宿へ。用事を済ませたほかに、最近Edyを使う事が増えてきたのでパソリを買ってみた。これで自分のパソコンとクレジットカードを使ってチャージができる。

そのあとは丸の内カフェにて8時までMoDOのA氏と勉強会。そのあと築地に行く予定だったけれど、待ち合わせまで1時間ほど空いてしまったので、今日から丸ビルのはす向かいに期間限定でオープンしているVeuve Clicquotシャンパンバーで一杯飲んだ。
c0031319_201425.jpg
店員さんが歩くときやグラスを置くときなど、ことあるごとにポーズめいた動作をするのだけど、僕のグラスにシャンパンを注ぐときにいきなりこぼしてしまった。初日ですものねと、いちおうフォロー。
c0031319_202562.jpg
とりあえず、一番お手ごろなイエローラベル。後味にほのかな苦味があって、印象的な味だった。酒屋で買うと一本4000円前後くらいか。泡が底からまっすぐ美しく立ち上がる。良さめのシャンパンといえばモエ・エ・シャンドンの一番安いのくらいしか飲んだことなかったけど、いいシャンパンは重奏的な味がしておいしい。
c0031319_231976.jpg
期間限定ということで10日足らずでこの内装も壊してしまうらしい。記念にコルクをいただいて店をあとにする。

そのあとは築地にて築地場のTさんと合流、韓国料理を食べる。Tさんは築地場を管理されているにもかかわらず、先日のパーティーではちょこっと挨拶を交わしただけで、まったくお話できなかった。名前はよく聞いていたので、ぜひともと思っていたら、案の定とても楽しい人。しかも頭よし、行動力あり、まったりした雰囲気を見にまといながらもかなりパワフルな人だった。うちらの活動にも関心を持ってくださっていて、向こうもグループを引っ張っている立場だからと、ここぞとばかりにいろいろ赤裸々に話して、いくつか意見をいただく。ひとえに建築と言ってもそれぞれいろんな環境で勉強しているわけだし、このような枠を超えたつながりは本当に大切。
[PR]
# by toshipresso | 2005-12-23 23:58 | 東京
皇居ラン走り納め+シャンパン 20051223
快晴。朝から大手町へ。寒いけれど皇居の周りを走る。この皇居ラン、オトナの文化祭で知り合ったAさんに誘われて10月走り始めたもの。いつもは土曜日だけど、明日はイブということで今日走ることになった。そして今年はこれで走り納め。

前回に引き続き今日も空が大変きれいで、気持ちよく走り納めができた。天皇誕生日の関係で今日は桜田門から中に入ることができず、日比谷通りのほうを回る。濠の水が一部凍っていて、鳥が氷の上をぺたぺた歩いていたのが面白かった。
c0031319_1565159.jpg
祝日ということでいつものスタバが閉まっていたので、走り終わった後のお茶はoazo1階のDebailleulにて。普通にコーヒーを飲んでもよかったのだけど、シャンパンとチョコレートのセットがあってそれに惹かれる。なにやらドゥバイヨル氏の提案するチョコとワインのマリアージュらしい。せっかくだからそのセットにした。3種類あったセットのうち、チョコがオランジェットのを選ぶ。昼間から、ましてや午前中からシャンパンを飲む人は少ないのだろうか、店員さんに「アルコールですがよろしいですか?」と聞かれてしまうが、午前も午後も関係ない。走り終わった後の体にとても心地よく吸い込まれていく。こりゃ走った後はシャンパンだ。アクエリアスもポカリもいけませぬ。
c0031319_1571212.jpg
そのあとは用事で東京駅へ。銀色のカプセルのような車。東京ミレナリオにあわせて設置されている。千代田区は歩行禁煙を禁止しているから、タバコを吸いたけりゃ、この中で吸いなさいということだ。なるほどーと思いながら見ていると、一人の男と目が合った。なんと大学時代の同級生。しかも今年2度目。学生時代にはそれほど接点があったわけじゃないけど、まさか今年東京で2度もばったり出会うとは、お互いびっくり。
c0031319_1572669.jpg
その後は近辺をちょっと散歩。新丸ビルが立ち上がりつつある。
c0031319_1574094.jpg
ミレナリオの飾りが並んでいる。手前右は今晩からオープンする期間限定のシャンパンバー。
c0031319_1575792.jpg
このとおり、皇居の御濠に氷が張っていた。でもぺたぺた歩いていた鳥たちは走り終わった後にはいなくなってしまっていた。いったん家に帰って、昼食。シャワーを浴びて、リフレッシュ。再び街へ。
[PR]
# by toshipresso | 2005-12-23 23:54 | 東京
目黒→半蔵門 20051218
昨夜はあまりの寒さに風邪を引きかけてしまった。朝、帰宅。しばらく眠る。朝方までcacoiで寝かせていただいたのがとても効いている。おかげさまで昼ごろにはちゃんと復活。某NGOの活動報告会を聞きに目黒に行った。報告内容ではパキスタンの地震に関してほとんど触れられなかったので、その後懇親会に残って地震災害の支援から雑談を含めていろいろお話させていただく。
c0031319_19305623.jpg
写真は目黒のビルの屋上にあった1畳農園。各自思い思いの植物を栽培している。似たような試みは聞いたことがあったけれど、実際目の当たりにしてみると、聞いていた以上に面白そうだった。

夕方からは三番町にて「co-lab」のプレオープニングパーティー。初の全体顔合わせ。クリエイティブな人たちが勢ぞろいしていて、かなりエキサイティングな場所。しかもギラギラしている人がさほどおらず、気さくな人たちばかりで話しやすかった。大勢だったのでなかなか全員とは話せなかったけれど、何人かと意気投合、しばし話し込む。自分の話を面白いと思ってくれる人がいるのは嬉しく幸せなことナリ。
[PR]
# by toshipresso | 2005-12-18 23:52 | 東京
乃木坂→京橋→明大前→渋谷 20051217
今日は参加したいものが朝昼晩それぞれで2つずつ重なるという、非常にやっかいな、でも、濃い一日だった。とはいえ昨夜遅くまで起きていたので、いきなり寝坊。午前中予定していたものには行けず、いきなり出鼻をくじかれる。

2時から赤坂の坂倉準三メモリアルギャラリーにて故・坂倉準三さんの奥さんの坂倉ゆりさんを囲んでお話を聞いた。M氏の知人で高原の件でお世話になっている版画家の吉田榘子さんからのお誘いである。92歳とは思えない、とてもシャンとした方で、墨で染めて自分で織ったという、とてもおしゃれな服を着ていた。ブランドに走らず、自分にあうものを自分の手で作る。とても素敵なことだと思う。このギャラリーのたたずまいも良く、いいものは自然と輝きを放っている。
c0031319_19322095.jpg
ちなみに隣地は東京ミッドタウン。ちょうど緑地側とあって完成の暁にはますます環境がよくなりそう。隣近所には一線で活躍する建築家やデザイナーが住んでいるという。

その後は京橋へ。時間があるので高原の件についてミーティング。そして近くのギャラリーへ行き、現代芸術家・出月秀明さんの展覧会「アランの毛糸帽子会議」に伴っての、出月さんとキュレーター・岡部あおみさんのギャラリートークを聞く。なぜこの都心のビルの中に薪ストーブを焚いたのか。その他、旅先での出来事や感動の片鱗が伝わる世界をどうやって表現しようと思ったか、などなど。
c0031319_19324112.jpg
そのまま会場で懇親会。写真は中村好文さんのデザインの薪ストーブ。久しぶりにマシュマロを焼いて食べた。展示は12月24日まで。
c0031319_1456177.jpg
会場をあとにし、銀座の土風炉にて夕食をとりながら再びミーティング。時代劇のセットのごとく、地下に街並みができていて、テーマパークのようだった。店員さんがザクロサワーとざるそばを間違えたのも御愛嬌。

早めに失礼して、近くの明治屋でシャンパンを買って電車を乗り継ぎ今度は明大前へ。某設計事務所の忘年会にお邪魔させていただく。とても良く手入れされた青い洋館で、室内組みと屋外組みとに別れて飲んでいた。平均年齢やや高し。70年代の話なども聞くことができて面白い。屋外はとても寒く、これで一気に体を冷やしてしまう。

結局自宅へは帰れず、渋谷のバーcacoiへ行き朝まで飲むことにした。結果的にちゃんぽんしていたので酔いと寒さで体調が悪い。体の芯まで冷えてくる凍える寒さでガクガク。身の危険を感じた。戸を開けると暖かい雰囲気にほっとした。マスターはこちらのことをすぐに察してくださり、体の温まるカクテルをいただいた。果実の甘みがしみわたってくる、おいしいカクテルだった。最後は少し横にならせていただき、朝の電車で帰る。
[PR]
# by toshipresso | 2005-12-17 23:24 | 東京
皇居ラン+北欧料理 20051210
朝、皇居の周りを走る。快晴。とてもいい天気。水面も木々も、皇居の何もかもが空の下美しく照らされている。走り終えた後のスタバでのひと時がまた最高。用事があるので、お先に失礼した。

いったん家に帰ってスーツに着替えて、某コンサルタントのキャリアセミナー。講演自体のテーマは官公庁についてだったけれど、シンクタンクの役割について質問を投げかけ、いろいろ教えていただいた。
c0031319_15234926.jpg
終了後、そのまま六本木の北欧料理店で友人と食事。店に行くと満席。ヒルズのツタヤで時間をつぶす。面白い本が多すぎてついつい買い込んでしまう。
c0031319_1524865.jpg
そして待つこと1時間。リラ・ダーラナという店に入る。店内には質素でかわいらしいオーナメントが飾られていた。本場のクリスマスはこんな感じなのかな。北欧料理って言われてもあまりピンと来ないけれど、予想通り野菜を使うものは少なめで、寒い地方だからか、味付けは濃い。焼きたてのパンや、ニシン料理、スパイス入りのホットワインなどなど、寒い日だからこそ体に味が染み渡るようでおいしかった。
[PR]
# by toshipresso | 2005-12-10 23:55 | 東京
金融とは何ぞや+建築の価値とは何ぞや 20051208
夕方から金融関連のビジネスセミナーに行ってみる。御商売の家系でもないから身内から商売や銭勘定の話も聞かずに育ってきたと思う。さらに「自由競争資本主義経済社会=悪」の雰囲気が漂い気味なアカデミズムの中にいたもんだから、自分の中に商品の提供だとか利潤の追求だとかいう感覚が薄いんじゃないかという気がしていた。振り返ってその内容を逐一書かかないけれど、とりあえず今の僕にとって、こういう話は何を聞いても面白く聞こえる。まぁ誰でも多かれ少なかれそうだろう。面白いと思ったものはとりあえず吸収。知識は荷物になりません。

帰宅後ふと見た仙台の地方紙のインターネットニュースの記事。
農林中金旧仙台支店、三菱地所に売却 建物は取り壊しへ

これを読んで思ったことを2つほど。一つは本当にそのままでは彼らの思う利潤を生み出せないのだろうかということ。もうひとつは仙台の街に洋館のイメージはきわめて希薄であろうことから、壊すこと壊されることにさほど多くの人が抵抗はおろか、興味すら感じないのかもしれないということ。これが横浜や神戸のメインストリートだったらどうなるか。

空襲で大手門や瑞宝殿をはじめとする文化財建造物を失ってしまった仙台にとって、こういった洋館は貴重な文化財だと思う。しかしここまで市内における歴史的建造物の希少価値を高めてしまったのは、戦争による不幸だけでなく、皮肉にもその後の仙台という街がいくつかの古い建築を死守し切れなかったことの連鎖でもあるんじゃないだろうかとも思う。

隣の土地も取得+容積率移転などができれば三菱地所も保存するかもしれない。いつも思うことだけど、愛されているものを壊すからには今まで以上に街の人に愛されるような質の高いもの作ってほしいということ。三菱地所のことだからきっと収益性の高い優良なテナントを入れるのだろうけれど、器としての建築を見たとき、惜しまれてなくなってしまうものを超えることはできるだろうか。年月の流れが、新たな愛着や価値を生み出すことも否定できないけれど、それがこの建築に勝るものとなるかどうか。賃貸マンションとかだったら最悪ですなぁ。

有楽町のといい、この仙台支店といい、農林中金の建築は立派だ。僕自身、この仙台の建物が農林中金のものだったとは知らなかったけれど、学校の帰り道にこの建物の前の道を経由して帰ったことは時々あったから、そのたたずまいはおぼろげながら覚えている。ほかの街の農林中金もこの時代のが残っているのならきっと立派なんだろう。

「50年たったら文化財」というような確固たる規律があればと思う一方で、古いものすべてを残していくことに対して全面的に賛同できるわけでもない。価値基準の焦点が複数あるから、あれやこれやと考え出すといつも頭が痛くなる。
[PR]
# by toshipresso | 2005-12-08 23:30 | メモ・たわごと
co-lab+吉村順三建築展+雑音解消 20051207
午前中MoDOのF氏と半蔵門で待ち合わせ、今後の新拠点となる千代田区三番町の「co-lab」へ。
c0031319_15215748.jpg
この「co-lab」、元々六本木の森ビル25にあったシェアオフィスが、この12月からここ三番町に舞台をかえるという。実はおとといにも来たのだけど、まだまだ改装中の箇所もあり、何かが動きはじめたときの期待感と緊張感が感じられる場所だ。みんなが気持ちよく使えるようにするために、規約もしっかりしている。

そのあとは就職活動で東京に来ているK氏と上野にて待ち合わせ。東京藝術大学大学美術館にて開かれている「吉村順三建築展」を見に行く。以前の清家清と同様、吉村順三についても僕はあまり知らなかった。施工の図面も展示してあったので、1/100ではわかりにくい、より細かいスケールの寸法を読みながら見ることができて面白かった。

見終わったらアメ横界隈の焼き鳥屋で軽く食べ、K氏を東京駅まで送ってから新宿へ。ヨドバシカメラにてイヤホンを物色。地下鉄の中で音量を上げなくても幅広い音域がしっかり聞こえる物がほしい。雑音対策にはノイズキャンセリングフォンという選択肢もあるけれど、電池を入れなきゃいけないから躊躇してしまう。というわけで、狙っていたのがインナーイヤー型、つまり耳栓型のイヤホンで、「SHURE E2c」というものを購入。

その足で大久保アトリエに行き、M氏と某プロジェクトの打ち合わせ。話していくにつれてM氏のトークが爆裂する。共通するところと要求されているところとを整理するだけでなく、ある程度の飛躍は入れないと面白くない。ただその飛躍の仕方が相手を前に吉とならなければただの一発芸だ。建築の好みや価値観にズレを感じる。そこがとても面白くもあり、時に苦しくもある。共同の作業にはつきものなのかも。

帰りの電車の中ではさっそく新しいイヤホンを使ってみた。これまで使っていた「AKG K26P」と比べてみると、音源が小さい分だけ低音がやや弱い気がしたけれど、電車の中でクラシックやジャズが聞くに耐えうるようになったのは大きな改善。細かい音が周りの雑音に邪魔されなくてとてもいい。おかげで危うく電車を乗り過ごすところだった。
[PR]
# by toshipresso | 2005-12-07 23:18 | 東京
浅草+六本木 20051204
結婚式で東京に来ている友人達と浅草で待ち合わせた。寒さに対してあまり抵抗のない僕は、いつもこんな感じ?ときかれて、まぁそうかな、となんとなく答えてしまったけれど、確かに今日の東京はずいぶん寒い。後になって、一番の冷え込みだったと知る。かっぱ橋道具街に行ってみたけれど、休日だったからほとんど閉まっていたので引き返す。残念。
c0031319_16572752.jpg
う○こビルは軟便気味なのか、足場が据え付けられていた。もんじゃを食べて、一足先に帰るY氏を見送り、残った友人M氏と六本木ヒルズに行った。

六本木ヒルズに行くと、けやき坂に街宣車が10台以上、大音量でけたたましく叫んでいる。なにやら「堀江~○×%■#△!」と叫んでいた。ホリエモンこと堀江社長に文句を言いたいらしい。こんな寒い日に戸を開けていることもあるまいし、聞こえてないんじゃないだろうかと思った。(なお、この日は山形に行ってたみたい。)
c0031319_1712229.jpg
庭好きのM氏の希望に沿って、毛利庭園を散歩。写真に写っている青い門みたいなのはKinki KidsのCDかなんかのキャンペーンで設置されていた。雨の中、その青いのの前で写真をとっている人がいたけれど、ファンにとってはありがたいのだろう。お店を物色して少し時間をつぶしたあと、森美術館で開かれている「杉本博司 時間の終わり」を見に行った。題材もさることながら、写真という表現の面白さ、可能性について考えさせられる展覧会だった。そして展望台でしばし夜景。
c0031319_1731277.jpg
銀座、汐留、東京タワー。東京タワーは夜のほうがいい。昼間は武骨なカラーリングが夜は円熟の貴婦人と化す。六本木ヒルズは血気盛んな夜の帝王といったところか。
c0031319_1735034.jpg
赤坂、虎ノ門、丸の内。休日だからオフィスの明かりが少なめで寂しい。
c0031319_174935.jpg
夜景というものは近代都市社会が生んだ最も美しい産物のひとつだろう。しかもそれは生きている。血管を流れるように車が流れ、点滅する航空障害灯は脈を打っているように見える。
c0031319_1742150.jpg
テレ朝、けやき坂。
c0031319_1743079.jpg
けやき坂のイルミネーション。白と青のLEDがやや冷たい感じがする分だけ、東京タワーの明かりが暖かく優しい。
c0031319_1743844.jpg
夜の毛利庭園。こういう日本庭園のあり方もここでは悪いとは思わない。電飾に加えて、庭にセットされたスピーカーからKinki Kidsの歌が流れているところがいかにも六本木ヒルズらしい。
[PR]
# by toshipresso | 2005-12-04 23:19 | 東京
結婚式 20051203
今日は朝から結婚式。関西から新幹線で来たメンバーたちと10時に渋谷で待ち合わせ。披露宴で歌を歌うことになっているので、カラオケに入り小一時間最後の練習をした。みんな朝早くに出てきて御苦労様。

僕らは新婦側。大学の部活動の同期なのである。「年功序列ってことでお先に!」と新婦。年功序列で結婚していくとしたら、僕は同期12人で7番目くらい?
c0031319_1648859.jpg
式を終え、披露宴。大勢の人が集まっていてすごい。新郎新婦ともに民間企業某R社で、職場仲間のノリは体育会系バリバリ。僕らもいちおう体育会系クラブだったけれど、男女比も1:1でエレガンスを大切にするしっとり穏やかちょっとコミカルな準体育会系。というわけで体を張ったようなことはせず(昔はそれなりに張っていた)、関西組み中心に練習してきた歌をプレゼント。バックには僕がこの日のために作った昔の写真を組み合わせた映像を流した。過激な写真はカットしたのだけど、あのノリだと入れておいてもよかったかもしれなかった。それでも程よい笑いに包まれてくれた。新婦が号泣しない点を除けば大成功。嬉し涙こそ、ワタクシにとってはこの上ない幸せなんだけど。ともあれ、様々な思い出、ありがとう。ずっと幸せに。
c0031319_16481846.jpg
2次会は南青山にて。全裸まがいのとりまきにドレスのすそを持たれながらの新郎新婦登場。これまたものすごい盛り上がり。宴も終盤に差し掛かり、友人達と話していると前に出ろと言われる。何が起こったのかわからず、出てみると、くじ引きの景品が当たったらしい。モエ・エ・シャンドンと書かれた立派な包装。帰って開けてみるとドン・ペリニヨンだった。さてどうするか。せっかくもらったプレゼント、会場で開けてみんなと飲めばよかったかもしれない。どうせ飲むなら違いがわかるように飲みたい。正月あたりにいろんなシャンパンを飲み比べてみようか。
[PR]
# by toshipresso | 2005-12-03 20:57 | 大学生活
武田五一展+皇居 20051201
図書館に行ったあと、文京ふるさと歴史館で開かれている武田五一展に行った。

京都にいるときは、武田五一といえば「T定規をしならせてエンタシスのカーブを一気に描くという離れ業を持っていた」京大建築学科の教授であり、京都市役所や京大時計台、建築学科本館その他の設計者というイメージだったけれど、今回の展示は「文京ふるさと歴史館」という場所での開催であることからもわかるように、求道会館や東京大学での卒業設計など文京区を舞台にしたものを中心に、その他の仕事も含めて展示するという内容で新鮮だった。

そのあとは丸の内へ。街なかで電波の弱いネットワークを捕まえてネットにつなぐということをしていたけれど、正式にHOTSPOTを申し込むことにした。ライブドアが狙っていると思われるスカイプの携帯が早く出てこないものかと思う。

夕方、大学時代の友人から、就職活動で東京にきているんだけど会えないか?という連絡。今日中に新幹線で帰るというので、近場にということで皇居を歩くすることにした。お互い来年から働こうとしている。これからのことを話しながら散歩。
c0031319_16501587.jpg
清々しく広々とした青空。京都ではあまりなかった感覚。高層ビルといっても東山よりは低いのだから。
c0031319_16502812.jpg
厳かな二重橋。中国や韓国からの観光客がたくさんいた。
c0031319_1651328.jpg
夕焼け。東京ミッドタウンのビルがだいぶ立ち上がってきた。
c0031319_16531427.jpg
愛宕グリーンヒルズと東京タワー。夕暮れ時の空の色合いは、いつどこで見ても飽きない。
[PR]
# by toshipresso | 2005-12-01 23:41 | 東京
雨と都市に関するシンポジウム+築地場パーティー 20051127
吉田荘1階のアトリエ鯨の岡村さんに誘われて法政大学で開かれた国際シンポジウム「雨と共生する水辺都市の再生」に行った。井戸水が天然の砒素で汚染されているバングラデシュでの雨水利用のお話。それから東京のビルに設けられた多数の貯水槽のお話が特に興味深かった。

懇親会にも参加したかったけれど、夜は東京理科大学初見研究室のメンバーの都心の拠点「築地場」で開かれるパーティーに参加。

僕らが大久保でシェアしている空間が、同研究室修士2年の方の研究対象の一事例となった。そして、その過程でのアンケートなどにお答えしたという関係で、ほかの協力者達も交えて招待していただいたもの。

この築地場というところ、研究室のOGの方が住みながら、学生やその他OB・OGの方々もカンパして家賃を払って維持しているようで、とても面白いサテライトラボだと思った。木造密集市街地の民家を少しずつ改修していった様子はウェブサイトにも載っている。賑やかさでアクティブないい研究室だと思う。

知り合った修士1年のM氏から佐渡の文化とパーマカルチャーについて、面白い話を聞いた。大切にしたい人のつながり。
[PR]
# by toshipresso | 2005-12-01 00:55 | その他 都市・建築
MTG & 表参道 その他 20051126
10時半から新宿にて某プロジェクトについてM氏とミーティング。先のスケジュールの話、新事務所の話、今後のイベントのプロデュースの話などなど。この人のネットワークの広さと手際の良さにはいつも驚かされる。
c0031319_10125150.jpg
そのあとは表参道を散歩。安藤忠雄氏設計の表参道ヒルズがかなり出来てきていた。表参道に面して、かなり長い建物。ここには後輩の勤める家具会社のショールームも入るらしく、出来たらぜひ行ってみたい。
c0031319_101337.jpg
旧同潤会青山アパートメントも一部残されている。申し訳程度だとしても、あるのとないのとじゃ違う。

加えて工事中の東京メトロの表参道駅にはEchika表参道という地下街が出来るという。使用中の施設を停止させることなくリニューアルするというこの手の工事には敬服するばかり。デザインコンセプトはなにやらフランスのイメージらしい。殺風景になりがちな地下鉄の駅を便利に楽しくというサービスは嬉しい限りだけど、明治神宮の表参道の名を冠する駅をなにもフランスのイメージでデザインしなくても……。いや、明治はつまり欧化政策だから合ってると解釈できなくもないのか。
[PR]
# by toshipresso | 2005-11-26 23:30 | 東京



2005年のブログです。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
検索
カテゴリ
全体
仙台
東京
京都
その他 都市・建築
建築生活
大学生活
たび・イベント
食欲・呑欲・物欲
メモ・たわごと
おしらせ・御挨拶
その他ニュース・世間話
携帯投稿
未分類


◆□◆ LINK ◆□◆

◆松コミ/MoDO
> 松コミ/MoDO
> M-Design
> 月島グローイング日記
> ちょんまげ見世物小屋

◆PEOPLE / FRIENDS
> きららすし de namenote
> notes in passing
> survive
> Kiss TO Music

> 久保田弘信氏
 > 旧サイト > 現サイト

◆CITIES
◇仙台 / SENDAI
 > 仙台市
 > 仙台都市総合研究機構
 > せんだいメディアテーク
 > 仙台建築都市学生会議
 > 都市デザインワークス
 > 東北大学新キャンパス構想
 > 片平キャンパス近代建築トラストファンド
 > 河水千年の夢・広瀬川ホームページ
 > 河北新報
 > 仙台風景写真館
◇東京 / TOKYO
 > 東京都
 > 東京市政調査会
 > 森都市未来研究所
 > 東京新聞
  > 世界の街から
 > Tokyo INdicator
◇京都 / KYOTO
 > 京都市
 > 京都市 景観・まちづくりセンター
 > 京都CDL
 > ほんやら洞
 > 京都新聞
◇広島 / HIROSHIMA
 > 広島市
 > 中国新聞
 > 路面電車とLRTを考える館
 > 広島の21世紀を覗る

◆ARCHITECTURE
> nishizawa-lab
> blog n-lab
> NPO ASSEC
> 神楽岡工作公司
> round-about.org
> 音戸山通信
> ぽむ企画
> Ricordi & Sfera
> funo-lab

> 学芸出版社
> 都市環境デザイン会議 関西ブロック

> 超高層のある風景
> SkyscraperCity Forums
> SkyscraperPage.com

◆FAVORITE MUSIC
> Makoto Onoze
> Sunaga t Experience
> FreeTEMPO
> Shinichi Osawa
> MONDO GROSSO
> Mr.Children

◆TRAVEL
> 旅行人
> Lonely Planet

> JAL
> ANA

> U.S. Dollar to Japanese Yen (Yahoo! Finance)
> Euro to Japanese Yen (Yahoo! Finance)
> DEMIS World Map Server

> Takemaのあっちこっち旅日記
> 自転車日本一周・登山の旅
> Shinya Nakamura Web

◆OTHERS
> Apple
> Japan Design Net
> SOTOKOTO.net
> Japan Mail Media
> 田中宇の国際ニュース解説
> 森住 卓
> 意味無良品
> 間寛平公式HP アヘアヘ.TV

■OTHER BLOGs
愛と妄想の日々。
◆映太郎の映像批評◆



お気に入りブログ
親ばかブログ(由紀の酒)
...........
まこっちゃんのCD部屋
奄美大島☆撮影日記
ご利用はご計画的に。
sudigital af...
カフェと雑貨と本と街
自給自足生活
>>hanaの東京散歩<...
季節を感じて
平安京ジグソーパズル
デジカメって最高! by...
0.7馬力
【撮影奮励記】
仙台・幸町から写真日記
name note
【こぐれ日乗】京都橘大学...
つれ数
左利きのさりー/思い出カ...
Aqua Life
農家の嫁の事件簿
survive
ふらり 自由人
architect SP...
自然な写真
notes in pas...
いきなりD70
ANA Latte:客室...
デジカメって最高! Bl...
ブログ時評
D70写真倶楽部ーふらり自由人
仙台night owl~...
関西ウォーカー自遊人 T...
natural_color
現場log
気ままに・・・デジカメ 日記
ピョンブログ
平安女学院 明治館
最新のトラックバック
TOKYO CITY V..
from 仙台night owl~夜街..
気になる作品
from urban
白黒ブチのノラ猫
from コタラの社長日記
オトナの文化祭 ありがと..
from 和日和
ごろ
from ごろ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧